城東町は四国の貴重なソープランドを体験できるおすすめの風俗街

Soap Land

風俗の本気を知りたいなら城東町のソープランド

眼鏡をかけた女性

城東町は香川県にあり、半島のような形になっているところです。ここは昼間は倉庫街として使われていますが、夜になるとソープ街としての顔を持ち始めます。実はこのソープ街、近くには高松城跡や県立のミュージアムなど、観光スポットの近くにあるので、昼は観光、夜は城東町のソープというように、丸一日楽しめるところになっています。
現在ソープランドの出店は法の規制が厳しくて難しく、規制にあまり縛られない出張型ヘルスの台頭によって若干押され気味です。しかし風俗の醍醐味はソープにあると言っても過言ではありません。ヘルスでもソープでも、やることはそんなに変わらないんじゃないかと思われがちですが、サービスの濃厚さで言えば、ソープのほうが圧倒的に上です。
それは利用時間を見ればわかります。デリヘルはだいたい1時間スタートであるのに対し、ソープは最低でも2時間からのスタートです。これはつまり、手軽にすっきりできるヘルス店舗とは違い、ソープは心から体まで、すべてが満足できるようなサービスを提供しているからです。ソープはお風呂を使ったサービスがメインですが、泡やローションを使ったプレイは、他の風俗店では味わえない快感をもたらしてくれます。そんなソープの遺留店舗が固まっているのが城東町エリアなのです。

城東町には四国有数のソープランドが存在

城東町は香川県にある町ですが、そのうちの2丁目は半島のように突き出た形をしています。城東町は昼間に行くと一見地味な倉庫街なのですが、実はここは、全国的にもめっきり少なくなってしまったソープランドが軒を連ねているエリアでもあるのです。
最近はデリヘルやホテヘルなど、気楽に利用できる出張型あるいは派遣型ヘルスが幅を利かしているせいで、ソープは隅に追いやられているといった感がありますが、一度はソープを経験しないと風俗上級者は名乗れません。四国エリアのソープ街は4つありますが、その中でも女性のクオリティーが安定しているのが城東町のソープです。この理由としては、他の風俗ジャンルのお店と少ないパイを取り合っている今、きれいな女性、かわいい女性を積極的に採用していかないと、やがてはつぶれてしまうからです。その地道な努力の結果、城東町は男性客からの支持を集め、高い人気を維持しています。
ソープは特殊浴場というだけあって、お風呂を使ったサービスが充実しています。サービスが始まると、女性と一緒にお風呂に入り、ひとしきりイチャイチャした後のマットプレイもまた格別です。そこで早々と達してしまっても大丈夫です。ソープはプレイ時間が長めに設定されているので、体力が回復してからまたチャレンジするということもできます。

四国でも貴重なソープがあるのが城東町2丁目

香川県の城東町2丁目には20軒ほどのソープが存在しています。現在法律が厳しくなり、ソープ店の新規出店が難しくなっており、改正前に営業しているところは除き、新しいお店は特定のエリアでしか出店できなくなりました。四国でもソープが営業できるのは城東町を入れて4か所だけです。
これはつまり、城東町に行ったらソープを利用しないと非常にもったいないということです。デリヘルやホテヘルのようなお店はどこの地域にでもありますから、いつでも遊べます。ソープは一度チャンスを逃すと次はいつ遊べるからわかりませんからね。
ソープの料金を見たとき、デリヘルを使い慣れている男性は高いと感じるのではないでしょうか。確かに数字だけを見れば1.5倍~2倍はするのですが、これはサービスの質が高いからこその価格設定なのです。デリヘルはオプションでもつけない限り、出会っていきなり濃厚な絡みというものはありませんが、ソープの場合なら話は別です。服を脱いですぐに泡風呂に入り、そこからの濃厚な絡み、そこで気分が高まってきてからはマットでのローションプレイが始まります。もちろん時間内ならどう過ごそうと自由なので、長風呂をして、ソープ嬢との会話を楽しむ人もいますが、いずれにしてもソープは色々な遊び方ができる楽しい風俗店ですので、一生に一度は行ってみましょう。

NEWS